太陽光補助金が終了!(大阪市)

大阪市の太陽光補助金の受付が打ち切られました

太陽光補助金が終了!(大阪市)

大阪市が4月にはじめた「太陽光発電補助制度」の申請受付が打ち切られてしましました。

国の補助制度が1キロワット当たり7万円だったのに対して
大阪市の補助制度は1キロワット当たり10万で、最高40万円まで補助が受けられるとしておりました。

ちょうど今月から、余剰電力を電力会社が買い取る売電料が倍額になる制度が開始されたばっかりなのに。。。

予算枠(1億6千8百万円)いっぱいまで申し込みがあったことは仕方が無いのですが、
なんともタイミングが悪い!!

これから来年の3月までが、住宅業界のハイシーズンなのに・・・。

いやいや、とても残念ですが、
大阪市在住のみなさ〜ん
売電料が倍増していますからね、
へこんだりせずに、太陽光発電システムを導入しましょう〜!!

ホンダが最も燃費の良い車 HONDA

米国の環境保護局は、米国で販売された最も燃費が良くて、
二酸化炭素(CO2)の排出量が最も少ない車を生産したメーカーが
ホンダだったと発表しました。

ホンダは08年型でもトップでしたので、2年連続ですね。

ここでいう燃費とは、2009年型のホンダの全車種の平均燃費を指しています。

その数値は、ガソリン1ガロン当たり23.6マイル(1リットル当たり約9.9キロ)となり、
前年の23.9(同約10.0キロ)からわずかながら悪化していますね。

ホンダの車別のデータを見てみますとですね、

1位は、インサイトの36.0キロ/リットル。
2位は、シビックハイブリッドで31.0キロ/リットル
3位は、フィットの24.0キロ/リットル

となっています。

1位のインサイトと
INSIGHT_wp5_1024_768.jpg

2位のシビックは
civic01.jpg

ともに、ハイブリッド車です。
改めてその燃費効率の良さには驚きますね!

そして、3位に入ったフィットは、純粋なガソリンエンジン車ですが、
1リットルエンジンの燃費が24キロというのも、ちょっと驚きです。

まぁ、カタログデータですからちょっと割り引いて考えてみても
私が愛用している ヤマハ製のスクーター、マジェスティー125の燃費とあまり変わりません。

マジェスティーは1リットル当たり、28キロが平均なんですよ。

つい先日、経済がデフレ下にあると政府が認めたばかりですし、
財布の中身の燃費も良くしたいと考えていますので、
ハイブリッド車への買い替えを検討しても良いのでは?と、
気持ちは大きく傾いています。

エコポイント 延長の気配

2009年の日本の景気の底を支えてきたエコポント制度が、
2010年度も継続される可能性がでてきました。

エコポイント制度は、景気刺激策として2009年度の1次補正予算に盛り込まれていました。
その事業予算は2946億円で、省エネ基準を満たした地上デジタル放送対応テレビとエアコン、冷蔵庫の3製品を対象として付与されています。

びゅうびゅうと不況風が吹き荒れる中、今年上半期のGDPを押し上げたのは、間違いなく「エコポイント」と「エコカー補助金」でしょう。

家電メーカーも、自動車メーカーも2010年の3月で切れる「エコポイント」と「エコカー補助金」制度は、何がなんでも継続してもらわねば困るというスタンスですよね。

そんな中、民主党の管国家戦略相は17日の閣議後の記者会見で、
「エコポイント」制度や、「エコカー補助金」制度の延長を検討する考えを明らかにしたそうです。

景気の2番底を防止するためにも、必要な制度とは考えられますが、
消費意欲の先取りをしただけのことですから、
単純に2009年度と同様の成果があると考えてはいけないでしょう。

理由はなんにしても、消費者にとってはありがたいですね!

住まいと暮らしの情報館:2009年11月の記事
オサカナスキヤネ : 2009年11月17日
「オサカナスキヤネ」いつまでも健康でいましょう
インフルエンザ発生警報 : 2009年11月 6日
大阪府でインフルエンザ発生警報がでたんです

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 住まいと暮らしの情報館