トヨタ車 大リコール問題に発展

トヨタ車のリコールが世界規模に発展

トヨタ車 大リコール問題に発展

アメリカで大問題になっている
トヨタ社のアクセルペダルの不良問題。

いよいよヨーロッパにも飛び火し
世界規模180万台のリコールに発展したようです。

対象車は日本国内でもおなじみの
◇RAV4
◇アベンシス
◇カローラ
◇iQ
などが含まれています。

そもそも「アクセルペダル」の不良ってなんなんでしょう?

日本国内と同じ車なのに
日本国内ではそんな話しはこれまで
聞いたことがありませんよね。

と、疑問に思っていたところ
本日付の新聞に次のように掲載されていました。

私なりに判りやすく(?)してみますと

「アクセルペダルの稼動域を制御する樹脂性の部品が
湿気をすって膨張しアクセルペダルの戻りを悪くしている」

なのだそうです。

ちなみにこの部品は中国で生産されているらしく
アメリカ、ヨーロッパの各国のトヨタ車やフォード車でも
使用されているそうです。

アメリカでのレクサス暴走事件では、
踏み込んだアクセルがずれたフロアマットに
引っかかったことが原因とされていました。

しかし事故車はアクセルを踏んでいなくても
加速していたそうですし、

アクセル関係の不具合は2007年から
各地で報告されていたそうですから、

問題はそう単純なことでも無いと。
それだけは間違いなさそうです。

逆輸入のトヨタ車には、近づくなかれ

ということでしょうか。

新年おめでとうございます

新年 おめでとうございます。
本年も皆様の暮らしに少しでもお役にたてるよう
一生懸命に努めてまいりますので、
どうぞ倍旧のご愛顧のほど、お願い申し上げます。

2010を迎えてすでに、一週間が経過してしまっておりますが、
今年も、う〜ん いろいろとありそうです!

さて、今日は新年早々に飛び込んできたニュースをもじって
年頭一発目のブログ更新とさせていただきます!

まずはコチラです

Burj_Dubai_20090916.jpg
(wikipediaより拝借)

2004年からドバイで建築が行われてきた
世界一の高さを持つ超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」が
この1月4日に竣工しました。

このビルは地上160階建て、高さにして820メートルと見られています。
大阪近郊で例えるならば、六甲山の山頂くらいの高さでしょうか!?

とてつもなく高いビルですねぇ〜。

そして、総工費はなんと1400億円です。
お値段もとてつもなく高いです。

名古屋ドームが総工費550億円かかっているそうなので、
為替を1ドル=100円とすれば、名古屋ドームが3つ造れるわけですね。

すごいな〜って思っていたところ
国内では、日本航空への追加融資枠が2000億円になったとか・・・。
債権カットとして3000億円を要望しているとか・・・・。

2000億円って、ブルジュ・ハリファ建ててもおつりがでるじゃないか(笑)

金額が大きくなってくると、2000億円って聞いても
「ふ〜ん、そうなのか」
と思ってしまうのですが、いやいやとんでもない金額じゃないかと、
改めて自覚させられた次第です。

ここまで日本航空を放置したペナルティは
当事者の方々で背負っていただきたいものです。

新年そうそう「しょっぱい」記事になってしまいましたが
今年一年、ご覧いただいてくださる皆様にとって良い年となりますように!


住まいと暮らしの情報館:2010年1月の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 住まいと暮らしの情報館