郵政かい〇く

郵政かい〇く

郵政かい〇く

あいも変わらず、我が国の内閣がゴタゴタしています。
個人的な感情としては、とても、とても ナサケナイです。

2010年度の予算が通ったかと思えば、
今度は、郵便制度ですったもんだが始まりました。

タイトルの〇のところには、「か」とか「あ」が入るかと思います。

郵便貯金の預け入れ額を何が何でも2000万円に引き上げる!

こうおっしゃるのは、金融担当大臣。

そして、日本郵政株式会社を上場して、3分の1の株式を国(財務大臣)が保有すると。
このようなスキームをおっしゃっておられますね〜。

株式の3分の1を国が保有するんだから、預金も2000万まで補償されるのでは?
と連想することが容易です。

ちなみに日本郵政株式会社の現在の資本金は3兆5千億円!!スゴイ額ですね。

当然のことながら、民間の金融機関の預金が補償されるのは上限1000万円までですから、
ペイオフラインを2000万円に引き上げなければ民業圧迫につながると、あちらこちらから批判、非難が殺到しております。

先日、テレビの生放送で、東京都の副知事猪〇氏と、国民新党の政調会長〇地氏がそれぞれの見解を語ってくれておりました。

放送内容のツボは、
猪〇氏が「民営化路線を180度逆行する国有化路線だ」と批判したところ、
〇地氏は「国有化とは、税金を投入することだ!」「過去の銀行とは違って日本郵政には税金を投入しないから国有化になんかならないんだ!」

と暴論を語ったところでしょうか。

3兆5千億円の株式の3分の1(1兆数千億円)を国が出資するのは
税金投入では無いと、こうおっしゃった訳ですね〜。

本当に空いた口がふさがりません。

郵政かい〇く の〇の中に入る文字は、どっちなんでしょうか。

新・家電エコポイント

2010年3月31日までとされていた、家電エコポイントの制度が、2010年12月31日まで延長されました。
これに伴って、4月1日からは、少し新しいルールが適用されるそうなんです。

eleEPtool_markC_4c.jpg

新しいルールは大きく3つです。

1つ目は、この上のマーク「エコポイント告知ラベル」が貼付されている家電製品だけが対象となります。

エアコンや冷蔵庫は以前のままですが、液晶テレビには対象外となるモデルもでてくるとのこと。
ご注意くださいね。

2つ目のルールは、LEDランプへの交換が優遇されるそうです。
例えば、エコポイントを4000円のLEDランプに交換する場合、これまでの4000ポイントから50%優遇されて、2000ポイントの交換で済むそうです。
(対象のランプは次回お知らせします)


ただし、元々のエコポイント対象商品を購入した「サポート販売店」「ゴールドサポート販売店」にのみ限定されていますので、こちらもご注意ください!

そして、3つ目のルールは、申請手続きが簡単に!
ということで、「型番や製造番号」の記載が不要になったりだとか、「ゴールドダポート販売店」で対象家電を購入した場合は、販売店に申請書の作成を依頼でるようになったんだそうです。

私も今年のうちに、エアコンを買い換えておこうかな、、、って、考えています!

住宅版エコポイントの申請がスタート

新築の場合は30万ポイントがもらえます。

いよいよ住宅版エコポイントの申請受付が始まりました。

大阪府内でのエコポントの申請窓口はコチラ

30万ポイントのエコポイントを受給するには、

木造住宅なら省エネ等級4を満たす技術基準のクリア、
非木造住宅の場合は省エネ等級4を満たす技術基準に加えて
省エネ法のトップランナー基準(設備も省エネ機器に)を

満たす必要があります。

この省エネ等級4の技術基準は、
建築する地域によって、適応される建材が異なります。

全国に1〜5までのエリア分けが行われておりまして
大阪の場合は4b」という地域に該当しています。

例えば弊社の基準「おおさかの家ベーシック」仕様で
お客様の家を建築した場合には、
若干のコスト増となります。

原価的には15−20万円くらいでしょうか。
これに評価機関から証明書を出してもらう必要がありますので
この手数料に31,500円必要になります。

お得なのかどうかは、
考え方の持ちようでしょうね。

ただし、私の個人的な見解としては、

ここ大阪で省エネ等級4を満たすほどの断熱材が
果たして必要なのだろうか?

とは思います。

なぜなら、大阪の家に必要なのは、
保温目的の断熱材ではなく、

日射を遮断する性能の高い建材だろうと思うからです。

私見はさておいて、

住宅の保温性能が向上し、
さらに5万円から10万円くらいの
キャッシュバックが得られるんだって
いうふうに考えた方が良いのかもしれませんね。

住まいと暮らしの情報館:2010年3月の記事
高速1000円は6月まで? : 2010年3月 7日
高速道路の1000円割引は6月で終わるのか?

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 住まいと暮らしの情報館