野菜高騰!その対策は!?

野菜高騰!その対策は!?

野菜高騰!その対策は!?

最近、夜のニュースですっかりレギュラーとなっているのが「猛暑」の話題。
どこどこで37度とか、どこそこで38度とか。

夏はもともと暑いもんなんやって!!

いちいち騒がんでいいんですって、もう〜。
暑い暑いって、エアコンをがんがんかけたら、余計に大気が熱くなるやんか。

そうは言っても、暑くて具合の悪いものもありました。

「夏野菜」。

暑すぎて野菜が傷んでしまって、特に「葉物」ダメージが大きいそうで、
平年の価格の2〜3割増しとなった野菜が続出しております。

レタスやトマトに至っては、例年の価格の3割以上も価格が上昇していて、
この調子では、秋まで野菜が高い状態が続きそうです。

「野菜の価格高騰」がニュースでも報道される中、
価格の変わらない野菜がありました。

それは、、、、、、
「カット野菜」。

100807-01.jpg

スーパーでよく見かける、小口にカットされたパック野菜は、
ほとんど年中を通して価格が同じなんですね。

なぜ安いのかまでは確認してませんけど、「野菜高騰!」なんて見出しに一喜一憂しなくても済む商材が身近にあるんですから、利用しましょうね!


故障率3割!?太陽光発電って大丈夫?

補助金ももらえるし、
発電した電力の余剰分は買い取ってもらえて経済的だし、
なんてったって太陽の光で発電するわけだからクリーンだし、

新築するならいっそ太陽光発電もつけちゃえ!

こんな会話が本当にあるのかどうかは別にして、
ここ数年キツイ冷え込みを見せる住宅市場にあって、太陽光発電はやっぱり明るい話題になっています。

机上の計算では、現在の売電料が続くなら、11年で太陽光発電システムの設置時の初期コストが回収できそうなんですけど、そうなると気になるのは機器の信用性なんですよね。

メーカーによっては、10年に1度程度の割合でパワーコンディショナーの取替えが必要になるとか、2年に1度定期点検が必要なんだとか、話題のある製品でありながら、製品の信用性はまだまだ確立されていないようなんですね〜。

100803-2.jpg

そんな太陽光発電の性能実態を調査する機関がありました。

NPO法人太陽光発電所ネットワークとおっしゃるんだそうです。

その法人が、1993年から2006年にかけて設置された483台について追跡調査を実施した結果、設置12年間で故障した機器の割合が3割に上っているとのことです。


ちょっと壊れすぎでしょ(苦笑)


設置後10年までに当初の発電能力の4割も低下している事例も報告されています。

さらに、傾向を分析してみると、ソーラーパネルの不良よりもパワーコンディショナーの不良のほうが割合が高かったことと、設置後1年程度で修理や交換が必要となる事例がもっとも多かったことが注目されます。

このことをわかりやすくお話しますと、まぁ、大きな声では言いにくいことですが、、、

「設置業者の技術が未熟だった。施工不良」ってことですね。


いや〜、施工業者にしっかりしてもらわないといけないってことですけど、

でもね、弊社の場合は関西電力さんで認可された電気設備業者さんでしか設置できないようになっているので、本当なら技術はしっかりあるはずなんですよね。

ということは、その認可された電気設備業者が下請け任せにしているって構図があるのかもしれないですね〜。

太陽光発電システムを設置する際は、業者の技術を疑ってかかっておいたほうが良いのかもしれませんね。

パンやパスタ、台所に大打撃!?

今年の夏は暑いですね〜!

大阪の夏はいつでも暑いので、暑い!暑い!と騒ぐほどではありませんが、お隣の国ロシアではとんでもないことになってます!

首都モスクワでは、29年ぶりに日中の気温が35度を超え観測史上最高気温となる38度を記録。この猛暑によって、森林火災が多発したり、干ばつが広がり穀物にも深刻な影響が出ているそうです。

ロシアの穀物と言えば、小麦。
小麦の最大の輸出国なんです。

100803-1.jpg

その小麦が、現在進行中の干ばつの影響を受け、今年の収穫に暗い影を落としいるため、国際穀物市場での小麦の価格が急騰し、シカゴの先物市場では8月2日最高値を更新しています。

一昨年にも、バイオ燃料ブームから小麦やとうもろこしの国際価格が急騰し、いろんな食材の価格が上昇しましたが、このままいけば小麦を輸入に頼っている日本にも小麦価格急騰の影響が出てくる日はそう遠くはなさそう。

パンやパスタといった食材はもちろんのこと、小麦は飼育肥料としても多くの需要があるため、まわりまわって、いろんな食材の価格高騰につながりますよね。

私たちの台所を直撃することは間違いないでしょう!


住まいと暮らしの情報館:2010年8月の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 住まいと暮らしの情報館