低価格家電のダイナコネクティブが破産した理由

低価格家電メーカー、ダイナコネクティブが破産した理由は?

低価格家電のダイナコネクティブが破産した理由

ダイナコネクティブっていう名前の家電メーカーって知っていますか?

ドイツ系資本で格安デジタル家電の製造販売を手がけていましたが、自己破産するそうです。

メーカー名はあまり知られてないと思いますが、国内には結構流通していたようですよ。

どこで売っていたのかというと、「イオン」とか「西友」の大型店なんですね〜。

20101012-1.jpg


「イオン」とか「西友」に潜り込むことに成功した、家電メーカーがなんで倒産しちゃうのか!?

その理由は、低価格を売りにしたビジネスモデルにあったようです。


ダイナコネクティブの手法は、中国や台湾、韓国で低コストで大量に造った製品を、格安の価格で販売する低価格路線。

そのビジネスモデルに起こったトラブルは、『不良品』でした。

国内でも、2009年11月に液晶テレビに不具合がみつかり、返品が相次いでいたそうです。


「安いものは安いモノナリ」

安いものには、安いものの理由がちゃんと有るワ! ということなんですね〜。


私たちの住宅業界にも、コレは当てはまりますね!!

良い材料と、手間とヒマをかけてこそ、良い品物が出来上がるワケですから、「安いから」っていうだけの理由で、品物を購入するのはよく考えたほうが良さそうですよ!

赤ワインと認知症の関係

20101005-1.jpg

赤ワインが好きな人にとっては、とても前向きなニュースですが、
そうじゃない人は、頑張って前向きになって欲しい話題です。

以前からわかっていたことなんだそうですが、
赤ワインを1日にワイングラス2杯程度飲んでいると、

なんと認知症に効果があるんですって!

ただこれまでは、効果はあるらしいんだけど、裏づけとなるメカニズムがちょっと・・・・・。

こんな状態だったらしいです。
で、このほど、名古屋市立大学の研究グループが、そのメカニズムを解明したそうです。

今年のノーベル賞受賞もそうですが、日本の技術者って本当にすごいですね!
ぜひ、技術を海外に高く売ってやってください。

私の周りにも、認知症の方が身近におりますので、
さっそく試してみたらどうかなぁって考えているのですが、

赤ワインに含まれている植物性ポリフェノールが
学習や記憶をつかさどる、脳の海馬を活性化する物質「CGRP」ってやつの放出の量を増加させるのだそうです。

どうやって見つけるんでしょうね。

これからは、食事の時に赤ワインをいただくようにしましょうか!

住宅版エコポイントが拡大される方向

うれしいニュースですね。

住宅版エコポイントが補正予算の中で、期限を延長することがほぼ決まっていましたが、
エコポイントの対象工事が、「太陽光発電システム」や「エコキュート」などにも拡大される方向で検討されてるとのことです。

まだ決まったわけじゃありませんけどね。

マスコミに取り上げられているところを見ると、固いんだと思いますよ。

新築工事は別として、リフォーム事業をしている企業にとっては、
窓のリフォームくらいしか使いようが無い制度ですから、「サッシ業界」と癒着してるのか?って勘繰っていた所です。

詳細が明らかになるのが待ち通しです。

住まいと暮らしの情報館:2010年10月の記事

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 住まいと暮らしの情報館