上棟式を行いました - 家づくり

家づくりのポイントポイントをお伝えします

上棟式を行いました

いや〜、すいません。いつも見に来ていただいている皆様、本当にすいません(汗)

業務が大変込入っておりまして、ここ数ヶ月、手が本当に回らなくなり、更新をストップさせてしまいました。

そして、いつしか季節は秋になっております。

近年、やたらと「異常気象」という言葉を使いたがる御仁を多く見かけますが、秋分の日が過ぎればちゃんと涼しくなりました!

『暑さ寒さも彼岸まで』って、言うじゃないですか。

それは、春分日と秋分の日が、1日の中で昼と夜の時間が同じになり、その日が過ぎれば昼または夜が徐々に長くなるという、地球の自転・公転から生じる自然現象であり、それは今年も変わり無かったようです。

さて、ようやく季節もさわやかになった10月の1日目。
弊社では、建築中のお客様の「上棟式」を行いました。

20111003-1.jpg

上棟式は、地鎮祭と違って、その地域地域で随分と催す中身が違っております。

ここ大阪では、上棟式を省略する住宅会社も多いようですし、ハウスメーカーなんかでは開催されないと聞きます。

簡単に説明すれば、上棟式は「上棟の儀」(上棟を感謝する式)と「直らい」(宴会)とに分けられます。

弊社が式の進行をする場合では、略式ですが、
「上棟の儀」で、魔よけの幣束(へいぐし)を立てて、四方の柱をお清めし天地四方の神様を拝みます。

「直らい」で、建築主と大工との顔つなぎを行い、担当大工を紹介しています。

狭小住宅を多く手がける弊社では、敷地に余裕がまったく無い現場が多いため、上の写真のように建物の中に祭壇を用意して、なんとか行っています・・・・。


あと、これが弊社で用意している「幣束」です。

20111003-2.jpg

トステムのサッシが防火基準満たさず

国土交通省がサンプル調査をしたところ、

トステム製のアルミと樹脂の複合サッシが、防火基準を満たしていなかったこと判ったとのことです。

対象となったサッシの製品名は、シンフォニー。

すでに1万本が出荷されているとのこと。

20110129-1.jpg

防火基準については2年前から、いろいろなメーカーが防火基準を満たしていなかったと報道されています。

昨年の暮れにも三協立山アルミのサッシが防火基準を満たしていないと国土交通省から公表されていたところです。

アルミと樹脂の複合サッシは、結露しない高断熱サッシとして最近にわかに注目度が増している製品です。

住宅版エコポイント制度が施行されていることから、一気に需要を高めたいと、企業サイドでは思惑もあったことでしょう。

あなたのお住まいのサッシは大丈夫ですか!?

故障率3割!?太陽光発電って大丈夫?

補助金ももらえるし、
発電した電力の余剰分は買い取ってもらえて経済的だし、
なんてったって太陽の光で発電するわけだからクリーンだし、

新築するならいっそ太陽光発電もつけちゃえ!

こんな会話が本当にあるのかどうかは別にして、
ここ数年キツイ冷え込みを見せる住宅市場にあって、太陽光発電はやっぱり明るい話題になっています。

机上の計算では、現在の売電料が続くなら、11年で太陽光発電システムの設置時の初期コストが回収できそうなんですけど、そうなると気になるのは機器の信用性なんですよね。

メーカーによっては、10年に1度程度の割合でパワーコンディショナーの取替えが必要になるとか、2年に1度定期点検が必要なんだとか、話題のある製品でありながら、製品の信用性はまだまだ確立されていないようなんですね〜。

100803-2.jpg

そんな太陽光発電の性能実態を調査する機関がありました。

NPO法人太陽光発電所ネットワークとおっしゃるんだそうです。

その法人が、1993年から2006年にかけて設置された483台について追跡調査を実施した結果、設置12年間で故障した機器の割合が3割に上っているとのことです。


ちょっと壊れすぎでしょ(苦笑)


設置後10年までに当初の発電能力の4割も低下している事例も報告されています。

さらに、傾向を分析してみると、ソーラーパネルの不良よりもパワーコンディショナーの不良のほうが割合が高かったことと、設置後1年程度で修理や交換が必要となる事例がもっとも多かったことが注目されます。

このことをわかりやすくお話しますと、まぁ、大きな声では言いにくいことですが、、、

「設置業者の技術が未熟だった。施工不良」ってことですね。


いや〜、施工業者にしっかりしてもらわないといけないってことですけど、

でもね、弊社の場合は関西電力さんで認可された電気設備業者さんでしか設置できないようになっているので、本当なら技術はしっかりあるはずなんですよね。

ということは、その認可された電気設備業者が下請け任せにしているって構図があるのかもしれないですね〜。

太陽光発電システムを設置する際は、業者の技術を疑ってかかっておいたほうが良いのかもしれませんね。

家づくりの記事
住宅版エコポイントの申請がスタート : 2010年3月 9日
住宅版エコポイントの申請受付がスタート
住宅ローンの返済が苦しくなったら : 2009年12月21日
住宅ローンの返済が苦しくなったらどうすれば良いか
住宅版エコポイントの行方は? : 2009年12月20日
住宅版エコポイントが補正予算に盛り込まれました
住宅版エコポイント実現? : 2009年12月 1日
住宅版エコポイントは、リフォームにも対応
太陽光補助金が終了!(大阪市) : 2009年11月28日
大阪市の太陽光補助金の受付が打ち切られました
家造りで失敗の恐怖 : 2009年9月30日
分譲地で見た、家づくり失敗の恐怖
日本の住宅ローン事情-その1 : 2009年3月22日
日本の住宅ローン事情について−1回目
新築 Y様邸打ち合わせの図 : 2009年3月15日
新築中のY様と現場で打ち合わせしました
採光にとても有効なのは : 2008年10月22日
採光に有効
完成検査を受けました : 2008年10月22日
完成検査を受ける
O様邸が完成しました : 2008年8月31日
O様邸完成写真
T様邸 上棟式 : 2008年8月 5日
T様邸のじょうとう式
地鎮祭を行いました : 2008年7月 6日
地鎮祭を行いました
上棟式を行いました : 2008年6月12日
上棟式を行いました
O様邸予定地で地鎮祭を行いました : 2008年5月15日
新築工事の着工にあたって地鎮祭を実施しました

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

    

プロフィール

 

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 住まいと暮らしの情報館