迷惑電話の本当の話

迷惑電話の本当の話 知らないと被害に合うかも!

迷惑電話の本当の話

事務所で1日デスクワークをしていると、
いったい何本の営業電話や迷惑電話を受けることか・・・・・。

もうウンザリです。

会社ですから、的ハズレな電話には、相手もせずに、お断りできますが、
個人宅の場合は、もう少し注意が必要です。

どう注意すれば良いのか、
その前に迷惑電話のコワーイ話を一つご紹介します。

迷惑電話には、おおむね2種類のモノがあります。

アルバイトで電話帳を順番に電話するだけのモノと、
個人情報を聞き出したり、その他の悪意があるモノです。

今回ご紹介するものは、もちろん後者(悪意)の方ですが、
電話の形体は、基本的に電話関係や事務機器関係の営業などを装います。

実際はマイラインの代理店も電話で迷惑営業をしているので、
ちょっとややこしいですが、

迷惑電話はあくまで、エモノを釣り上げるためのまき餌です。

彼らの本当の目的は2つ。

1つ、電話に残る着信記録にコールバックさせ、有料サイトに繋げさせること。
2つ、個人情報を聞き出し、オレオレ詐欺に利用すること。

最近はコールバック詐欺というものが繁殖しているそうです。

昔はワンギリというコールバック詐欺が流行しましたが、
最近では、個人宅でも会社でも、本人を名指しで掛けてきて
不在だとなると、有料サイト先の電話番号に掛け直させるよう依頼するそうです。

また、着信記録は「偽装」できるそうです。
びっくりですが、例えば警察の番号に偽装させ、リダイヤルさせたら
ニセ警察官が、個人情報を聞き出す−−−−と、このような仕組みになってるそうです。

電話機に残る着信記録には、ぜったいにリダイヤルしないようにしましょう!!

ここ大阪で、03局や045局などの 知らない電話番号はまずご注意を。
それと、0120のフリーダイヤルもご注意ください。

電話にでるのが怖くなるような話ですが、
このような詐欺行為が横行していることに、一般市民が対抗しようとする
インターネットサイトがあります。

100526-01.JPG

「迷惑電話番号サーチズ」というサイトです。
不審な電話番号からの着信があったら、掛け直す前にインターネットで電話番号を検索するようにしましょう!!

スポンサード リンク

▽迷惑電話の本当の話のキーワード

▽次の記事、前の記事

サラリーマン川柳 | 住宅版エコポイントの書類です

住まいと暮らしの情報館:新着記事

国会議員が警鐘 日本の金融危機 〜その時金利は!?〜 : 2011年3月 4日
現職の国会議員が「国家に大打撃を与える金融危機が近い将来やってくる可能性は否定できない状況」であると語っています
京大 入試問題流出事件は立件できるのでしょうか? : 2011年3月 2日
ヤフー知恵袋を悪用した『京大 入試問題流出事件』は、どうやら関わった人物が特定されたようです。
年金が自分で確認できる>ねんきんネット : 2011年3月 1日
2月28日より年金の加入状況を確認するための新しいサービスがはじまりました〜。
モバイル端末でのFacebookは危険! : 2011年2月25日
世界中に広がりつつあるFacebookでも、詐欺商法や、マルウェアと呼ばれるウィルスによる2次的被害が急拡大している
柳の下の「維新の会」 : 2011年2月25日
日本維新の会に、佐賀維新の会と、東京維新の会。今週に入ってから、「維新の会」が増殖中です。皆さんはどう思いますか?
値上げラッシュ!? : 2011年2月23日
ガソリンの値上がりが続いています。小麦も4月から大幅に値上がりします。そして社会保険料も・・・・。
住宅ローン控除を受ける手続き : 2011年2月20日
平成22年中に新築、または購入、または増改築し、年末までに居住している方が確定申告することで税額控除を受けることができます。
住宅ローン控除の手続きをお忘れなく : 2011年2月19日
確定申告の受付が始まりました。平成22年中に住宅を購入した方は、確定申告を忘れずに!
金券が紙切れになってますよ! : 2011年2月 7日
発行停止の金券続出!金券が紙くずになるかも
インフルエンザ注意報! : 2011年1月31日
インフルエンザの患者数が急増しているそうです。

▽迷惑電話の本当の話のレビューをブログに書く

ブログのネタに使う場合は、以下のリンクソースをブログに貼るだけでOKです。

▽迷惑電話の本当の話にトラックバックする

迷惑電話の本当の話のトラックバックURL:
http://saterra.wadainet.com/mtcompo/mt-tb.cgi/105

▽迷惑電話の本当の話にコメントする

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 住まいと暮らしの情報館