インフルエンザ注意報! - インフルエンザ

インフルエンザ注意報!

今冬はわりと大人しくしているインフルエンザ。

このほど近畿2府4県で、大流行の1歩手前となる「注意報」レベルに達したと報道がありました。

1月28日現在で、大阪府の1病院あたりのインフルエンザの患者数は15.78人。

近畿でもっともおおいのが滋賀県で、1病院あたり21.15人。

患者数が、先週で一気に増加したとのことで、2月初旬にはピークを迎えるものと予想されています。

20110131-1.jpg

私の家にも保育所に通う子供が居ますので、これからの季節イヤですね〜。

え〜、インフルエンザに感染すると、発熱などの症状が現れる1日前から、実はウィルスをまき散らしているそうで、子供がかかれば間違いなくその親もかかってしまうのでしょうね(恐)

ちなみに熱が下がっても、約一週間はウィルス撒き散らし続けているのだそうです。


○ まずは、マスクを!
○ セキをするときのエチケットを守る。
○ 手洗いをしっかりする

しっかり、予防して健康に春を迎えましょう〜。

インフルエンザ発生警報

大阪府は11月5日付けでインフルエンザ発生警報を発令しました。

定点医療機関の1施設当りの患者数が基準(30人)を超えたためなのだそうです。


そして、今朝のニュースによりますと、定点医療機関の全国平均が33人となったとのことで、

厚生労働省は明日(6日)にも発生警報を発表する見通しとのこと。


これまでは人工密度の高い、都市部での感染が目立っていましたが、

いよいよ全国的に感染が蔓延してきているようですね。


アメリカでは、インフルエンザによる死亡者数が1000人を超えたそうです。

これまで日本人が皆マスクをしているのを

潔癖症的な民族で「変だ」「おかしい」などと言っている人が多かったアメリカです。


自分の健康を守るためにも、

ほかの人に迷惑をかけないためにも、

マスクは励行したいですね。

消毒液「手ピカジェル」が消える?

手指用消毒液「手ピカジェル」(健栄製薬)の製造が追いつかないそうです。

今年5月以降の受注量が前年同期比で30倍を超えているのだとか。

思わぬ新型インフルエンザ特需といったところでしょうか。

tepika01.jpg

エタノールを原料とした手指消毒液は、水道の無いところでも簡単に消毒できるという利点をテレビCMでも訴求してる真っ最中。

今後も需要が増えるのは間違いの無いところでしょう。

さて、製造元の健栄製薬では、現在前年の倍以上の増産態勢をとっているものの、外部から仕入れる容器の生産も追いつかない状況なのだとか。

商品棚から「手ピカジェル」が消える日もそう遠くないかも?

手ピカジェル 製品案内

インフルエンザの記事
緑茶うがいでインフル対策 : 2009年10月17日
緑茶うがいでインフルエンザの予防ができる
インフルエンザ脳症続発です : 2009年10月15日
インフルエンザ脳症が続発しています
インフルエンザ検定試験 : 2009年10月12日
インフルエンザ検定試験が誕生します
新型インフル ワクチン接種19日から : 2009年10月 2日
新型インフルエンザのワクチン接種が19日より
新型インフルエンザを完全除去 : 2009年9月16日
ダイキンのストリーマ放電がインフルを完全除去

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

    

プロフィール

 

Copyright (C) 2007 All Rights Reserved 住まいと暮らしの情報館